はじめに

OculusTVが発表されるまでOculusGoからAndroidアプリは動作できるものの、ほぼ操作不能でした。
Oculus公式より配布されているOculusTVを通して起動させることにより
一部アプリを動作させることができるようになりました。

おすすめAndroidアプリ(動作可能な物)

  • DiXiM Play
    自宅のテレビ・レコーダー等で下記が可能です。
    • 録画した番組を閲覧
    • 画番組の持ち出し
    • ライブチューナーで放送中の番組もリアルタイムで閲覧
  • AmazonPrime
    ブラウザでも見れますが、アプリではOculusGO内に番組を保存できます。
  • Netflix
    ブラウザでも見れますが、アプリではOculusGO内に番組を保存できます。
  • Perfect Viewer
    電子書籍を見ることができます。
    今まではBigscreen等のリモートデスクトップで見ることも可能でしたが
    個人的にはこちらのほうが使いやすいです。

Androidアプリ導入手順

詳しくは下記URL参照。

導入前にカーソル移動についてを読んでおくのをお勧め。

※Androidアプリをインストールした場合、一部のアプリを除いて
OculusGo内のマイアプリや提供元不明等には表示されません。
Androidアプリのファイラー等(ES File Exploler等)を利用してインストールしたAndroidアプリを動作させます。
毎回Androidアプリを起動するのにOculusTV → ファイラー → 目的のアプリを起動 とするのは面倒なので、
TvAppRepoを使ってOculusTVに目的のアプリのショートカットを作成しています。

Androidアプリのダウンロードについて

通常Androidアプリ(apkファイル)はGooglePlayよりダウンロード/インストールしますが
OculusGoではGooglePlay自体が動作しません。
そのため下記の方法でAndroidアプリをダウンロードしていく必要があります。

  1. GooglePalyからダウンロードしたapkファイルをバックアップして使用する。
    GooglePlayが利用できるAndroid端末を用意して、目的のAndroidアプリをインストール。
    インストールしたAndroid端末にapkファイルが有るので取得する。
  1. 非公式マーケットよりダウンロードして使用する。
    非公式マーケットでは安全性などの審査がされておらず、個人情報を抜きとるような
    悪質なアプリもそのまま公開されております。
    可能であればGooglePlayからダウンロードしたものを利用しましょう。

最低限非公式マーケットを利用する前に下記URLを読んでから利用しましょう。

非公式Androidマーケット一覧

インターネット環境がない時のアプリ起動、AmazonPrime・Netflixの番組持ち出しについて

OculusTVはインターネットに接続できる環境でなければ起動できません。
そのため、インターネット環境がない場合は直接OculusTVを介してしてアプリを起動させます。
起動用apkファイルをインストールするとOculusGoトップより
ライブラリ→提供元不明→最終ページあたりにAppStarter(TV)とNetflix(TV)とAmazonPrime(TV)が
表示されるので、そこから直接起動できます。

※AmazonPrimeとNetflixは別途apkを探してきてダウンロード/インストールしてください。
AppStarterは下記ページよりダウンロードできます。

DiXiM Playの導入手順について

DiXiM Playを導入・利用する場合、2点注意事項があります。

  • インストール前に「提供元不明のアプリ」の許可設定を行わないとインストールできない。
  • 利用する際は「開発者モード」をOFFにしないと起動できない。

インストールまでの導入手順は下記画像を参照。
ES File ExplolerとTvAppRepoをインストールしてることが前提。

DiXiMPlayはお試し版は無料、通常利用は有料(要ライセンス購入)です。
ライセンス設定等は公式HPを参照してください。

※補足1
NASNEで録画した番組の画質は
DR画質は選択できず、AVC画質、スマホ持ち出し用画質を選択可能。
スマホ画質でもわりかし綺麗に閲覧できました。

Perfect Viewerの利用する際のコツについて

  • 拡大縮小、スケール固定の活用
    OculusTVの画面は横長スクリーンのため
    縦長画像である電子書籍をみると文字が潰れて読みにくいです。
    そのため、ちょうど読めるところまで拡大縮小で調整しスケールの固定をしましょう。
    だいぶ読みやすくなります。

adbコマンドでインストールしたアプリの削除方法

adbコマンドは下記ページ参照。

ES File Exploler等のファイラーからもアンインストール可能です。

Androidアプリ導入・運用時の便利なアプリ

ES File Exploler:Android多機能ファイラーです。
TvAppRepo:Androidアプリインストール、OculusTV内にショートカット作成できます。

OculusTV内でのカーソル移動方法について

sideloadする際に躓きやすいのがカーソル移動。
何を押しても一見移動してないと思いきや
タッチパッドを上下にスワイプするとカーソル移動できる。
見た目上移動していないように見えても何回もスワイプさせれば
動き出すので移動する音が聞こえたらな何回もスワイプするのがコツ。

なんでOculusTVでAndroidアプリが動作するの?

OculusTVは様々な映像アプリをOculusTVで一括して管理、動作させる
目的で作られています。
OculusTVはAndroidTVと同じような作りをしているため、AndroidTV用途の
Androidアプリが使えるようです。

色々いじくってたら、画面真っ黒で電源ボタン押しても起動しなくなったんだけど

最終的に初期化が必要な場合もありますが、まずは音量-と電源ボタンを1分くらい長押して
「USB Update Mode」(USBアップデート モード)を開きましょう。
4つ選択肢がありますが「Exit and boot the device 」を起動すると
通常起動する場合がありますので、起動させましょう。

筆者の場合起動できたものの、OculusGo起動直後にホームアプリを設定画面が出てきてしまい
通常起動できない状態になりました。(AppStarterとOculusアプリランタイムのどっちから起動するか?の状態)
下記のどちらかの方法を行ったところ、通常起動できるようになりました。
・adbコマンドでAppStarterをアンインストール
・Vysorが使えたので、PC上からOculusアプリランタイムを選択し通常起動。(コントローラーからでも操作可能だったっぽい?)
 再起動すると再度ホームアプリ設定画面を聞かれる状態だったので
 OculusTV → ES File Exploler → Androidの設定 → アプリ → Oculusアプリランタイムをホームアプリに設定。を行ったところ通常起動するようになりました。

もしどうしようもなくなったら、下記ページから初期化しましょう。


トップ   編集 GUI編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-16 (日) 18:20:33 (29d)