#author("2019-12-31T02:56:42+09:00","","")
#author("2020-01-07T19:56:43+09:00","","")
* BMBFのバージョンアップ手順 [#f7040715]

(Questで作業)

BMBF でmodをすべてOFFにしておく

(SideQuestで作業)

BMBFDataフォルダ直下のファイルのバックアップを取る
 曲リスト復元が失敗したとき用なのでファイルのみ。フォルダは要らない。

BeatSaberのセーブをバックアップ
 obb以下の曲データは消しても問題なさそう

BMBFの最新apkをインストール

SideQuestで改造版BeatSaberをアンインストール

(Questで作業)

Questの通常メニューから公式のBeatSaberをインストール
念の為、一度起動しておく。

BMBFを再起動して、画面手順に従って改造版をインストール

インストール後に完了を押すと、BMBFの通常起動画面になって曲リストを復元するか?の確認ダイアログが出るので復元を選択

リスト復元が終了するまで待ってシンク

ライブラリのBeatSaberの詳細から、ディスクアクセス許可をONにする
BeatSaberを起動し、曲リストが戻っていることを確認
 曲リストの復元に失敗したら、BMBFDataフォルダ直下のファイルのバックアップした物に差し戻して再度BMBFを起動すると、曲リストを復元するか?の確認ダイアログが出るところに戻れる

(SideQuestで作業)

SideQuesでBeatSaberのセーブを復元

必要なmodをONに戻す
 たいていのmodは新バージョン対応版を入れ直さないと動かない


* カスタムソングの差分バックアップ [#qdcc41b3]

powershellを起動して以下をコピペ貼り付け実行すると、"C:\BMBFData\CustomSongs"に未コピーの曲がコピーされる。

  $adb = "C:\Users\《ユーザー名》\AppData\Roaming\SideQuest\platform-tools\adb.exe"
  $remote_path = "/sdcard/BMBFData/CustomSongs"
  $local_path = "C:\BMBFData\CustomSongs"
  
  $remote_songs = & $adb shell ls "$remote_path"
  $local_songs = Get-ChildItem -name -attr dir "$local_path"
  
  $download_songs = $remote_songs | ?{ -not ($local_songs -contains $_.Trim()) }
  
  $cnt = 0
  $download_songs |
  %{
    $cnt++
    Write-Progress "-- SONG DOWNLOAD --" "$cnt / $($download_songs.count)" -PercentComplete ($cnt / $download_songs.count * 100)
    $local_song_path = $local_path + "\" + $_.Trim() # 最後スペースのフォルダはwindowsで扱えない
    & $adb pull "$remote_path/$_" "$local_song_path"
  }


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
STAND ALONE HMD Oculus wiki | Oculus Go wiki | Oculus Quest wiki